カテゴリー「人じゃない生き物」の記事

危ないカーペット

再び、虫のお話でございます。

以前のG部屋でのできごとです。

当時はマンションの4階ということもあって、
飼っていた猫は部屋飼いでした。
一歩も外へでないので、
当然他の猫と接することもありませんでした。
今では常識ですが動物を飼っている人は、
夏の間ペットに投薬することになっている「フロントライン」などの
ノミダニ駆除用のお薬をもらう必要もなかったわけです。

が・・・
ある日、猫の毛がぼそぼそ抜けてきて痒がっている様子・・・
獣医さんに連れて行くと

ノミアレルギー

とのこと・・・


えっ!?

「家の猫は、外へ出ないのでノミダニ駆除のお薬はいらないと言われたのですが・・・」

そういうと、獣医さんがひとこと・・・

「最近カーペットか絨毯を買いませんでしたか?」

確かに、カーペットを新しくしたばかりです。

そして・・・恐ろしい話を聞きました。


輸入物のカーペットや絨毯には、
ノミやダニの卵が付着していることが多い

ノミというのはすごく不思議なシステムになっていて、
卵のまま孵らずにずーっと待機しているそうです。
ノミは、人に付くものと、犬に付くものと、猫に付くもの・・・などなど、種類が違うらしいのですが、
自分が付く動物の体温に触れたときに孵化して飛びつくのだそうです。


お前はエイリアンかよ!


どうやら、家で買ったカーペットには
おびただしい数のエイリアンの卵が付いていたらしく
あぶれたヤツラは、あろうことか人にまでくっついて・・・
夫婦して、ノミに噛まれまくりました・・・
付く相手がいないと、相手を選ばないそうで・・・

良く見ると、ケシ粒のようなチッセーヤツラが、
ぴょこぴょこそこらじゅうを飛び回っておりました。

かなり前の話なので、今ではそんなことは少ないのかもしれませんが
カーペットなどを新調したときは、

あらかじめ十分にお日様に当てて掃除機をかけるといいみたいです

家の猫のようなケースは、それほど珍しいことではないそうです。

ペットのいるお宅では気をつけてくださいね


20060926_187922_2
人気ブログランキング

↑ぽちっと一押ししていただけたらがんばれます!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

マイ・リトル・ガーデン

私はガーデニングが好きで、これまでたくさんの植物を育てていました。
ところが・・・
ところがです!

ある日、180度違う生活になりました。
我が家にワンコがやってきたのです。

そりぁもう、カワイイったらありませんが・・・

まだ躾の入っていない子犬は恐るべきパワーと
傍若無人ぶりでもって荒らしまくってくれました。
私の大事な植物たちはことごとくなぎ倒され
食いちぎられ
ダイビングされ
惨憺たる有様に・・・

お陰でほとんどが痛めつけられ枯れていきました。

なので、この子の躾ができるまで植物はおあずけということに・・・

さて、そのお転婆ねぇさんも今年3歳になってやっと落ち着いてきました。

2008_08160001

やっと、ガーデニングも再開。

痛めつけられながらも生き延びた少しばかりの植木に
新しい物を少しずつ増やしてやっと小さなガーデンができつつあります。

狭いベランダですから、全体に小ぶりにまとめることにしました。
あまり大きくならないもの
手のかからないもの
丈夫なもの・・・
できたら一年草でオフシーズンの管理をしなくていいものというのもポイントです。
花色は白か青で、赤をほんの少し入れています。
今の季節はルリマツリが華やかで好きです。

そんな風に選びながら、
ちょこっとずつ、ちよこっとずつ・・・

2008_08240001


こんな作業もまた楽しいものです。

でも未だに、メドーセージやミントなどのハーブ類は
食べられるとわかるらしく、思いっきり口の中に入れてるんですけど・・・ね・・・

20060926_187922_2
人気ブログランキング

↑ぽちっと一押ししていただけたらがんばれます!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

天敵Gとの戦い・PART3

Gファンの皆さんお元気ですか~?(オイ!)
今回は、激闘編・撲滅編に引き続き対策編です。

さて、はじめにやったのは、ヤツラに追悼の意を込めてお供え物を作ることでした。

ホウ酸団子です。
これは、市販のものより自作のものの方が効果があります。
なぜなら材料代をケチらないから・・・かな・・・?

作り方
ホウ酸(薬局で売っています)200グラムくらい
たまねぎ  1個
鰹節     適当
小麦粉   100グラムくらい
牛乳     大匙2くらい

*分量はかなり適当です
 ホウ酸4:小麦粉10というのもありらしいので自分で工夫してみてください
 きちんと作りたい方は、ググればたくさん出てくると思います

これらを混ぜて、緩くまとめます。
そのあと広げたアルミ箔にスプーンで小さい団子状に乗せていきます。
このときユルユルでも、乾燥すると固くなります。
乾燥には数日かかります。
しっかり乾燥したら、アルミ箔をハサミで切り離しそのまま各場所に置いていきます。

ヤツラはたまねぎが大好きです。
ちなみにヤツラの二大好物は

たまねぎとビール

ビールの空き缶はちゃんとすすいでから捨てましょう。

このホウ酸団子はかなり効きます。
でも、効果はほぼ2ヶ月です。
また2ヵ月後には作らなければなりません。
家の場合は、テキメンにチョロチョロしだしました。
あと、ペットや小さいお子さんのいる家は要注意です。
うっかり食べてしまわないように気をつけてください。
猫などは、小さな隙間にも入り込んでしまうので気をつけて!!


次に試したのが コンバットです。
これは一番オススメです。
巣に帰ってから二度効く・・・というようなキャッチコピーでしたが、確かに効果ありです。
確実に出なくなりました。

ちなみにホイホイ系は、確かに良くかかりますが根絶には至らない。
ヤツラには学習能力があるので、コマメに置き場所を変えないとすぐにかからなくなる。
このふたつの理由から、家では使いませんでした。

えっと・・・もうひとつ・・・
バカな猫は、このホイホイに仕掛けられた餌に釣られて引っかかったりもするそうで・・・
我が家の猫に関して、この辺の危機管理もありましたし・・・

ところで、虫の中には三代目で抗体ができるものが多いそうです。
Gにもそんな能力はありと思います。
スプレータイプのもので生き延びたヤツの三代後には、同じ成分でできたスプレーで攻撃されてもヘッチャラなヤツになると思われます。

そこでできたら天敵も常備しておけばさらに安心です。
ヤツラの天敵はというと・・・

クモと猫とヤモリ

クモはその姿形から嫌う人も多いですが、益虫です。
あらゆる害虫を食べてくれます。
ちなみに私は平気です。
なので、家ではクモはできるだけ殺さない方針です。

ヤモリは確かに居ついていましたので、ヤモちゃんというベタな名前で可愛がっていました。
今思えば、あれは愛情に応えて居ついたわけではなく、Gがいたからだったのね・・・

猫はやはり狩りが好きです。
Gなどはカッコウの獲物です。
少々運動神経の鈍い猫でも練習次第で獲れるようになりますし・・・
でも、自分の可愛いペットがGをくわえて意気揚々と歩いていたら・・・ショックですな・・・

さて、これらの対策をしてGとの遭遇は激減しました。
その後引越しをして現在のマンションに引っ越してきましたが、ここ十年の間に遭遇した回数は2回です。
それも、外からヨロヨロ入ってきたやつです。

とりあえず出やすい環境は、建物の条件が一番大きいと思います。
不幸にして、出やすい環境にお住まいの皆様は目を逸らさずに退治して下さいね。

      ペットフードは出しっぱなしにしない
     隙間一センチの場所は要注意
     冷蔵庫の下に毒餌
     できたら天敵装備

と、いうことで三回にわたりG特集をお送りしましたが、これ程皆様が暖かい眼差しで・・・
(怖いものみたさ??)見守ってくださったことに感謝です。
ちなみに虫関係についてはまだ在庫ネタがありますので、調子に乗って折に触れ更新してみようかと思います。


戦うニコレンジャー・ゴールド!!

ゴールドのGは、ゴキブリの・・・

えっ!? 

違っ!!!


20060926_187922_2
人気ブログランキング

↑ぽちっと一押ししていただけたらがんばれます!


| | コメント (9) | トラックバック (0)

天敵Gとの戦い・PART2

皆様がどんだけ引くかというビクビクビックルな記事でしたが、思いの他スゴイ反響で皆様に感謝してはいるものの・・・
お掃除界には、変人が多いの・・・?
と、密かに疑問視しているニコレンジャー・ゴールドです。(笑
今日も気持ち悪いわよ~♪
でも、少しお役立ち記事です。

さて、前回の激闘編で退治したゴキブリ・・・
よれよれのヤツも残らず掃除機で吸い取りました。
が・・・
まだ残された課題がありました。

これが一番ビビった瞬間です。

そう・・・

冷蔵庫を動かして、ヤツラの巣窟を叩かねばならないのです。

ヤツラはコロニーを作ります

冷蔵庫のどこかにヤツラのお住まいがあるはずなのです。
えいやっ!と、ばかりに冷蔵庫を動かします。
ここは住んでから一度も動かしたこともなく、掃除をしたこともないエリアでした。

床はパンチカーペットでしたので、なんとなく不潔感が・・・
移動して床を見ると、そこには厚さ5ミリほどのホコリのカーペット♪(オイ!)
その匂いがもわ~~んと漂います。
えっとねぇ・・・
クエン酸の臭いといえば、お掃除界の皆様にはピンとくるかと思います。
はじめてクエン酸の臭いを嗅いだときその記憶がよみがえった位ですから・・・
Gの集団はクエン酸のかほり・・・(ここ大事なところ・・・でもないです)
しかもじめついています。
これはヤツラにとっては、最高の環境です。

じめついていて暖かい♪

しかも汚れを吸って黒い・・・

もう、最悪・・・

と、落ち込んでいる暇はありません。

なぜならそこここにあるヤツラの死骸と一緒に、5ミリほどの四角いものが点々と・・・

そう・・・
それは・・・

ヤツラのママが死の直前に産み落とした卵・・・
あるわあるわ・・・

これまたスゴイ数です。

卵入りのヤツラは死の直前に必ずや産み落とします!

しかも、ちょと刺激すると産まれちゃっちりもします・・・どよ~~ん・・・
ここで、あの格言(?)が生きてきます。

一匹見たら50匹いると思え

ひとつの卵から生まれる子供の数は約40匹!!

クモの子を散らすような・・・という表現がありますが、まさしくそれです。
わらわらとちっせーヤツラが

ワ~ワ~ワ~○△*※

と、出てきますのでこの場合静かに掃除機で吸い取るのがよいようです。

さて、次は冷蔵庫の背面及び底面のチェックです。
当時の冷蔵庫は、今みたいに背面がフラットなヤツではなく
黒いワイヤー状のものがむき出しになっておりました。
その内側に、モーター部分などが見えたりしていたのですが
そのワイヤーのところにこげ茶色の1~2ミリのものがびっしりと付着しています。

ちょっと位こすっても取れません。
そう・・・
それは、フンなのです。
もしもあなたがGを目撃する家に住んでいて
こげ茶色のものが点々としているのを見つけたらそれはヤツラのフンです

ヤツラはコロニーを作りそこを自分達のフンだらけにします・・・

あなおそろしや!!

そのフンのかほりに引かれてヤツラは集うらしいです。

そういえば・・・
食器棚の蝶番のあたりにも、棚の開閉部分にも似たようなものが点々とくっついていたわ・・・(冷汗

さて、なぜ冷蔵庫なのかというと
ここは非常にヤツラが好きな場所らしいのです。

台所にあるので水と食べ物が豊富
一年中暖かい

冷蔵庫の下は最高の環境なのです。

その他のヤツラの好きな場所はというと・・・

電化製品と植木鉢とダンボール

だそうで・・・

電話が壊れたと思ったら中にヤツラの住処があったという話もあるそうです。
実は植木鉢というのも意外な盲点で、暖かいしじめついているので産卵することも多いらしいです。
あと、ダンボールやたらに溜め込んでいる皆さんは要注意です。
今、ドキッとした人がたくさんいるはず・・・(笑

さらに、ヤツラの好きなサイズというのがあって
1センチの隙間というのがベスト!
らしいです。
家具の隙間が1センチ位の場所も要注意です。

このようにして、全てをキレイに拭き上げてとりあえず撲滅を終えたのですがまだまだ油断はできません。
なぜならヤツラは外から侵入するのですから・・・
さて、次回はヤツラに二度と敷居をまたがせないようにする対策編です。

20060926_187922_2
人気ブログランキング

↑ぽちっと一押ししていただけたらがんばれます!

| | コメント (17) | トラックバック (0)

天敵Gとの戦い・PART1

今日の記事は写真はありませんが、
虫嫌いな人は読まないほうがいいと思います

最近あちらこちらで、Gの記事を目撃します。
夏といえば、花火とビールと野球と蚊取り線香・・・
そして、ゴキブリ・・・
これは、今をさること20年近く前の私とヤツラの壮絶な戦いの記録である。

当時私が住んでいたマンションは、一年中暖かい気密性の高いワンルームマンション。
場所は、都会のど真ん中に位置していました。
場所柄、一般の住宅として使っている人や、事務所として使っている人、店舗なんかもある雑居ビル状態。
職場として使っているからには、G対策もしっかりやっていらっしゃるところも多いようで・・・
時々バルサンなどで撃退しているお部屋を見かけました。

さて、ここからが問題なのです。

バルサン等で、撃退されたヤツラはどうするのか・・・と・・・

下水の管、ベランダ、廊下などなど、あらゆる隙間を使って逃走を謀った結果・・・
別のお部屋に逃げ込むのです。

家には猫がいましたし、植物もあったのでバルサンを使ったことがありませんでした。
しかもヤツラは、 ドッグフードやキャットフードが大好きときている。

そりゃあ、命からがら逃げてきた彼らには別天地でしょう。
そうやって、彼らはそこにアルカディアを築き上げたのです。

実は バルサンを使うと隣近所に逃げ込むので、建物ぐるみ、町ぐるみで一斉にやったほうが効果的だそうです。ホウ酸団子も同じく・・・

さて、そんなことなどつゆ知らず、のほほ~んと猫と暮らしていた私。
キャットフードは食べ放題で、常におてんこ盛り状態で放置。
えぇえぇ、時々ヤツラがチョロチョロしていたのはわかりっておりました。
でもたかだか一センチほどのちっせーヤツラです。
でかいのは卒倒するほど嫌い・・・いえ、怖い・・・のだけど、ちっせーのは平気。
コックローチ直射でしのいでおりました。

ゴキブリを一匹見たら50匹いると思え

そんな言葉は知っておりました。
しかし・・・その言葉が紛れもない真実だと知ったのはその後の話です・・・

ここいらから、生々しい表現が増えてきますので、心臓の弱い方、
虫嫌いな方は読まないでください

とりあえず見かけたら一匹ずつ叩いていく。
という方法で暮らしていたわけです。
その方法で行くと 熱湯、ついで食器用洗剤が効果的です。
熱湯は、コロリと逝ってくれますが真っ赤に変色します。
食器用洗剤は、もがきますがこれも確実に・・・
ちなみに 洗剤は、それ自体が悪いわけではなく、お腹の辺りにある空気を取り込む部分に泡が入るのでいわゆる窒息状態になるらしいです。

そんなある日、コックローチを噴霧したところヨロヨロしながらも冷蔵庫の下に逃げ込む頑強なヤツがおりました。
これこれ・・・逃げるな、生き延びるな・・・
と、コックローチ片手に這いつくばって、
冷蔵庫の下に向かって数十秒噴霧。

これくらいやっとけば、大丈夫♪
と、ばかりに立ち上がると上からボタッと落ちてくるヤツ・・・
一匹や、二匹ではありません・・・

・・・

へっ!?

・・・

上を見上げて愕然・・・硬直・・・

冷蔵庫の背後から、ぞろぞろと出て来る出て来る・・・

その数の異常さに腰が砕けそうになりました。

百匹はいたのでは・・・

その全員が全て上に向かって隊列をなして歩いているわけです。
途中で力尽きたヤツがボタッと降って来る・・・
まるでホラーです。

私は、掃除機をつかむと吸い取ることにしました。
あらかた吸い取ると、今度はゴキジェットを再び噴霧。
ここは、絶滅を謀らねばなりません。

断固戦わねばなりませんっっ!!

ゴキジェットはコックローチより殺傷能力が高いため、
時々出て来るでかいヤツ専用にしておりましたが
ここは、使うところでしょう。
てことで、再び噴霧。
またゾロ出て来る出て来る・・・

同じくらいの数で編隊を組んで出て来るヤツラ・・・

何回繰り返しても、一向に減っていかないその数たるや・・・
途中で帰宅してきた夫は・・・

唖然、呆然、愕然・・・

その夫に掃除機を持たせ私は下からひたすら噴霧です。

やがて、戦いも終わり、我軍の勝利が確実になる頃には
掃除機の集塵袋もパンパンに・・・

さて、お話はこれでは終わりません。
なぜならその後があったのです・・・

この続きは、次回へ・・・
気持ち悪くなった方、ごめんなさい。
でも、戦った私のほうがもっともっと気持ち悪かったのです・・・(滂沱)


20060926_187922_2
人気ブログランキング

↑ぽちっと一押ししていただけたらがんばれます!

| | コメント (17) | トラックバック (0)